石のベンチとテーブル

対人援助の仕事と日々

試験放送

都内の民放AMラジオ局が、12月からFMでも放送を始める。ワイドFMと呼ぶのらしい。

すでに、試験放送が行われていて、音楽だけかかっている事が多い。

試験放送で、実際に聞こえ具合を確認する仕事をしている人も居るのだろうけど、良く知らない。

高校生の頃だったか、当時住んでいた長野県で新規にFM局が開局する事になり、試験放送をしていた頃に、聞いていたのを思い出した。

ちょっと時間軸がずれてるみたいな、異世界から紛れた電波みたいな、独特の感触。

考えてみると、民放ラジオ局の試験放送を聞く経験というのは、一生のうちに何度もある事ではないのだよな。

まあ、未来の行政の在り方次第では、そうでない事も無くはないのかもしれないけども。

この間、某局の試験放送で、延々サザエさんの劇伴音楽が流れていることがあった。

そういうチャンネル、ほしいです。